house-1239420_1920
副業解禁が出ている会社が多い中

解禁されていない会社もあると思います。

年金問題も書きましたが、お金はあって困らないもの。

できれば今の収入よりほしいと考えている人がほとんどだと思います。

「不動産賃貸業」はそんな方にピッタリと知りましたので書いていきたいと思います。

1. 他の副業に比べて禁止されにくい

不動産賃貸業は、本人が物件を購入する以外にも

相続で物件を取得することも多いことから、勤務先の方で全面的に禁止しにくい背景があります。

不動産を持っているから厳しく叱られる、退職させられる、ということはほぼ無いと思います。

所得の規模にもよりますが、公務員であってもある程度までは認められます。

もちろん、ことさらに自分が物件を持っていることをアピールするのは良くないので

できるだけ副業で不動産賃貸業をやっているという情報は伏せましょう。


2. 拘束時間が少ない

不動産賃貸業はアウトソーシングが発達しているので

物件オーナー自身が全く動かなくてもよい状態を作ることが出来ます。

経費削減のため、自分で動くことも出来ますが、副業で不動産賃貸業を実践する場合は

できるだけ自分の時間を節約できる体制にしておいた方が良いと思います。


3. 緊急対応が必要な場合も外注できる

不動産賃貸業の場合、仮に緊急対応が必要な時があっても

外注先に物件管理を委託していれば、少なくとも一次対応は外注先が対応してくれます。

応急処置の後、あなたが然るべく対応すればよいので

職場から抜け出してすぐに対応しなければならない、ということは多くないはずです。

この点も副業としてはありがたいところです。

4. じっくり落ち着いて取り組める

不動産賃貸業で瞬間的な判断を求められるのは買付を入れる時くらいです。

それ以外は、比較的よく考えてから決断を下すことが出来ます。

例えば本業の勤務時間内に無理やり結論を出さなければいけなくなるなどという事態は

不動産賃貸業であれば、そう起こるものではありません。

その点も不動産賃貸業が副業向きと言える要素の一つだと思います。

いかがでしたか?

本業の方に迷惑をかけずにコツコツとできる点は魅力を感じました。

公務員の方でもできるとは知らなかったので調べて勉強になりました。

選択肢の一つとして考えてみるのも面白いかもしれませんね。

それではまた!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です